大好きな人と幸せな日々を送るために

相席ラウンジで関係を深めたい人はこちら

【東京相席】新宿オリエンタルラウンジEVEでVIP席取って来たったwww

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛カウンセラー/恋愛戦略の宣教師/相席ラウンジ日本一周中/マッチングアプリから出会った人数123人 誰もが苦しまず、幸せで居られる世界を目指す恋愛カウンセラーです。 ・好きなもの→読書、アニメ、海沿い散歩、Aimer、女王蜂 ・嫌いなもの→爪の長い男の人、意図せずに人を苦しめる人
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
ずしです。

 

ついにオリエンタルラウンジで最もお客さんの数が多いとされるEVE(イヴ)新宿店に突撃して来ました。

 

実は、、、これが2回目の突撃。

前回は1人で行ったものの、男性客が多すぎて2時間カウンターで待ち、相席が成立せずに帰るという地獄を味わっていたのである。

 

いわば今回の新宿EVEレポはずし積年の恨みがこめられた呪いの一記事なのである。

前回EVE新宿に突撃した時のレポと相席が成立した今回のレポを合わせて一気に放出。

ちなみに、いますぐ相席ラウンジから関係を深めたい人はこちら。

 

新宿オリエンタルラウンジのシステムと内観

 

 

お値段は他のオリエンタルラウンジと同じくチャージが500円(会員登録が済んでいる人 or 新規会員登録した人は無料)、女性は一部フード&ドリンク以外無料で、男性は10分600円(金・土・祝前日は700円)と一部フード&ドリンクが有料になっています。

右上に名刺の提示をお願いしますと書かれているんですが、前回の突撃時も今回の突撃時も何も言われなかったので、たぶんこの欄は無視して大丈夫かと思います。

 

前回突撃した時にはあまりにも客数が多すぎて男性も女性もひとまず待合席なるものに収容されていました。

もちろん僕も即収容所行き。

他の店舗には待合席が備わっていないのでこれだけでもかなりの驚きでした。

『喉乾いたなー』と思って周りを見渡してみると業務用のウーロン茶が置かれていました。

『がっつり業務用って書かれてるやん、、、。せめて他の入れ物とかに移した方がオリエンタルラウンジの空気感的に良くないか。』と思いながらもありがたくウーロン茶を頂いて待ってました。

 

あ、あとこの新宿オリエンタルラウンジはワンフロアまるまる使用しているのでとにかく広いんです。

240坪380席って異常な広さです、、、。

それでも金・土は待ちの人がズラッと並んでいるので新宿2号店ができてもおかしくないくらいの勢いですね。

 

Barカウンターのある席はメインの逆側にも。

そして新宿店にはダーツルームや

 

カラオケルームというものもあります。

しかしカラオケルームは1部屋の中に席数がたくさんあるので、この感じだと他のお客さんにも自分の歌を聞かれることになるのでは、、、。

 

新宿店はVIPルームの多さも魅力。
3段階に分かれていて、1時間1万円の部屋から2万円、3万円とステップを踏んでいます。

 

・1万円のVIPルーム

 

・2万円のVIPルーム

 

・3万円のVIPルーム

1万円と2万円のVIPルームはオープンVIP、エリアVIPと呼ばれていて、一般席から目の届くところに扉なしで配置されているのでさほどVIP感はなし。

 

しかし、優先的に女性と相席させてくれるオプションと選べるシャンパンが付いてくる(2万円の席にはフルーツ盛り合わせも付いてきた)のでその辺りは他県のオリエンタルラウンジVIPルームと同じ仕組みですね。

 

人目につかず完全に個室で話したいという人はやはり3万円のVIPルームを取るしかないようです。

5時間滞在すれば15万円、、、。
、、、。

パッと見、3万円のVIPルームは照明の感じがラブホテルを思わせるような印象ですね。

 

また、関西のオリエンタルラウンジBITでは女性は基本全てのフードが無料でしたが、EVEでは男性は1人1食だけ無料フードの欄から選べて、女性は1人2食選べるようになっていました。(このサービスが適用されるのは21:00までに入店したお客さんだけです。)

その他は有料フードの欄から選択して注文する仕組みになっています。

 

と、そういえば建物の入り口にはEVEの看板が設置されていて、その横に現在何人の男性と女性が店内に居るのか表示されるようになっています。

今夜行くべきか、VIP席を取るべきかはここでも判断できそうですね。

システムや内観の説明はこんなところで、そろそろオリエンタルラウンジ新宿でのレポートに移っていきましょう。

 

新宿オリエンタルラウンジEVEに行ってきたった

今回の新宿オリエンタルラウンジレポートは前回1人で行って撃沈したために男2人で乗り込んできました。

まずは一般席に案内されて即相席。

 

《1組目》

東京在住の女性と、観光で東京に来ているその友達の2人組年上女性。

 

こんばんはー。

ずし

 

こんばんは。

女性

 

〜中略〜

 

観光で東京からのオリエンタルラウンジってすごいですね。(笑)
今日はどんな流れで来ようってなったんですか?

ずし

 

行ったことなかったし、なんとなくノリで行こうかってなりました。(笑)

女性

 

なるほど、、、。例えばここで知り合った人と付き合ったりってありだと思いますか?

ずし

 

ここで知り合った人と付き合ったり、結婚したりとかも全然ありだと思いますよ。

女性

 

いつもどんな遊びして過ごしてるの?

男性

 

んー。最近落ち着いてきて何もなくて困ってるんですよね。(笑)
ボーリングとかはすることあるけど、、、。暇な日々を送ってます。(笑)

女性

 

ここで女性と相席終了。

 

僕の感覚として同世代やそれより下の人だと毎日が暇だったり、面白くないっていうのはよく耳にするのですが、年上女性で毎日が暇っていうのは割と久々の遭遇でした。

楽しいことを探しているとのことだったので、何か新しい世界に触れさせてあげることができたり、興味を惹けるような話題を持っておくと関係も深まっていくであろうと感じました。

 

相手の女性がどんな人であれ、あなたの中身がからっぽでスカスカの話しかできないと『なんやこいつ。』と思われることになってしまうので、話のネタになりそうな情報を収集し、人に面白く&分かりやすく話すことができるトレーニングが必要だなと改めて感じさせられる相席でした。

 

《2組目》

初めて相席ラウンジを訪れた美女2人組との相席。

 

こんばんはー。

ずし

 

こんばんはー。

女性

 

〜中略〜

 

今日はどんなノリでオリエンタルラウンジに来たんですか?

ずし

 

今日が初めてなんですけど、歩いてて『これが噂の!』ってなって入ってみました。(笑)

女性

 

へー。例えばここで口説かれるとしてどんな感じで来られたら嫌ですか?

ずし

 

ずっと喋ってきたり、ずっと質問され続けるのは嫌ですね。(笑)
楽しかったらなんでもいいんですけど、まあ、、、質問や喋りのバランスは取ってほしいなって思います。

女性

 

VIP席とかって行ってみたいと思いますか?

ずし

 

んー。個室だと何されるか分からなくて怖いので、こういうオープンな席の方がいいですね。(笑)

女性

 

と、いろいろ話は盛り上がりつつもVIPルームのレポも取りたかったのでここで席を移動。

 

神戸のオリエンタルラウンジBITでもそうだったのですが、VIP席は人目につかないのをいいことに女性に無理難題を言ったり無理やり飲ませようとする輩も居るようなので、こういうお客さんがVIPルームの評判を下げてる可能性あるな。なんて思いました。

 

と、僕が恋愛ブログを書いている話をしたらけっこう盛り上がって恋愛系の質問をされまくりました。(笑)

他の店舗でも恋愛ブログの話を出すとかなり話が盛り上がったので、これ誰にでも使える話題ではないけど使えるなと思いました。

 

なので、盛り上げる話のネタが無いという人は本格的にやるのではないにしても恋愛ブログをアメーバやFC2などで作って軽く更新しておけばあなたは立派な恋愛ブロガーとしてこの話題を持ち込むことができるでしょう。

恋愛や心理系などだれにでも当てはまったり共通するような話題って大体の場合は興味を示してくれるのでけっこう役に立ってくれると思います。

 

《3組目》

ここで1時間2万円のエリアVIPルームへ移動。

VIP席の内観写真を撮影している間にスタッフさんから『新しい女性がいらしたんですが相席されますか?』と聞かれて相席することに。

 

お次も相席ラウンジを初めて訪れたお姉さん美女2人組との相席。

 

こんばんはー。

ずし

 

こんばんはー。

女性

 

〜中略〜

 

今日はどんな流れでオリエンタルラウンジに来られたんですか?

ずし

 

ずっと来てみたいなと思ってて(笑)
相席屋には行ったことあったんだけど、ここは来たことなかったからね。

女性

 

なるほど!来てみてどんな印象受けましたか?

ずし

 

相席屋は普通の居酒屋って感じだったけど、こっちはキャバクラみたいだなって感じ。(笑)

女性

 

たしかに内装とか音楽はそんな印象受けるかもしれないですね。(笑)
ここで知り合った人と付き合うとかってありだと思いますか?

ずし

 

ここで出会ったとしてもいい人だったらありかなー。

女性

 

どんな口説かれ方が魅力に感じますか?

ずし

 

毎回のデートで1万円くらいは最低かけてくれて、それを10回くらいこなしてくれたら多少触れられたとしても文句は言わないかな。(笑)

女性

 

たしかに安く済まそうされるのは嫌ですよね。(笑)

ずし

 

けっこうお金についてのことでケンカになったことが多くて、
何にどれだけ使うかとか、一緒に住む費用をどうするかとか。
お金にだらしない人は嫌。

女性

 

と、UNOや人狼に似たスマホゲームをしつつお相手が終電の時間になったので解散。

 

今までいろんな相席ラウンジで『ここで知り合った人と付き合うのはありですか?』と聞いて来ましたが、『あり』率がだいぶ上がって来ましたね。

 

あと、デートにかけるお金と回数の話題に関してなのですが、
やはり”どれだけ時間やお金を投資してくれているか”ということが『それだけ本気なんだな』と感じてもらえる要素にもなってくるので、
その観点から言うとファミレスやチェーン店の居酒屋で初デートからの告白は成立する可能性かなり薄いです。

もちろん相手によって『本気で来てるんだな』と感じてもらえる指標は変わってくるので、会話やメッセージの中で過去の恋愛や嬉しかった告白の流れを伺いながら計画を立てて行くのがベターです。

 

コスト抑えていこうみたいな姿勢は絶対ばれるので、今できる範囲の中でも全力を尽くして臨みましょう。

 

《4組目》

元・渋谷オリエンタルラウンジEVEのスタッフさんとその友達。

 

こんばんはー。めっちゃ遅くから来られたんですね!飲み会終わりとかですか?

ずし

 

ホスト行ってたんやけどちゃんと接客してくれなくて、
店出て道歩いてたら新宿EVEのキャッチに捕まって来ました。(笑)

女性

 

ホスト帰りなんですね!(笑)
よく新宿EVEには来るんですか?

ずし

 

いや、ここ来たのは初めてなんだけど、私前は渋谷のEVEで働いてたんやんね(笑)

女性

 

!?渋谷オリエンタルラウンジのスタッフさんだったんですか!(笑)
渋谷オリエンタルどんなお客さんが印象に残ってますか?

ずし

 

んー。男性客がスタッフに『女の子早くつけろよ!』って言ってくるのがうざかったですね。(笑)
あと、スタッフを口説いてくる男性客もけっこう居て、それもめっちゃ嫌でした。

女性

 

あー。それ僕も見たことあります。
ここで知り合った人と付き合うのはありだと思いますか?

ずし

 

ここでいい出会いがある期待はしてないかな。(笑)
いい出会いがあればいいなーとは思うけど、、、。
とりあえずガツガツ来られるのは嫌だから、ここで楽しく飲んで、
『また今度一緒に飲もうね』ってなるのがいいかな。。

女性

 

と、運良く元・渋谷オリエンタルラウンジのスタッフさんに話を伺うことができました。

 

今まで相席ラウンジレポを取ってきて毎度感じてたのですが、スタッフさんに対して横柄な態度を取ったり、キャバクラだと勘違いして女性客に接待をさせようとするおじさまが大変多いです。

自分の持ち物がどこのブランドのものでとか、自分はどれくらい必要とされる役職に就いていてとか、おれのグラス空いてない?って女性客を見ながら言ったりとか。

 

まじですか。と。

 

僕が知る限りそういうの本当に女性受けしないです。
というより『なんやこいつ。』って引かれてすらいます。

 

落ち着いて考えてみれば、自分がどんなに偉いか、いいもの持ってるか、
ということは目の前の女性に関係のないどうでもいいことであることは歴然なはずなのに、
アイデンティティーが確立できていないためかそれを補おうと自己顕示欲を発揮してしまっています。

もしかしたらキャバクラやガールズバーに行っているような気分で相席ラウンジを訪れているからそうなるのかもしれないとも考えましたが、
女性側もほぼ無料とはいえ、お客さんという立場や心持ちで来店しているので、接待する義理などありません。

 

もし、相席した女性に気に入ってもらいたくて今後お店を訪れる予定であれば、
相席した際にICレコーダーを回して、シラフの時に自分の発言を聞いてみるのがベストだと思います。

 

その中でこれはウケがいいはずだとか、これは要らんなと思うものに分けて行く作業をしましょう。

 

きっとこの話もプライドが高い多くの人たちには届かないのだろうと思っています。

しかし、もしここまで読んで、僕が書いたことを気に留めて実行してくれたとすれば。

 

お前はもう死んで(モテて)いる。

 

正直、これはラッキーなことだと思います。

女性に印象の悪い人たちが居てくれるおかげで、女性を癒すことができる、楽しませることができる人はより一層輝いて見えますからね。

 

ということで、相席ラウンジに行く際には『こっちはお金払って来てるんだから好きなこと喋らせろ!楽しませろ!』というメンタリティーではなく、
『せっかく相席できたんだからこの瞬間を”一緒に”最大限楽しもう。楽しんでもらおう。』そんな心持ちで居られればその先に続いて行く可能性も飛躍的に上がっていくでしょう。

 

では、また次回の相席屋・相席ラウンジレポでお会いしましょう。

 

相席ラウンジレポート一覧

 

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛カウンセラー/恋愛戦略の宣教師/相席ラウンジ日本一周中/マッチングアプリから出会った人数123人 誰もが苦しまず、幸せで居られる世界を目指す恋愛カウンセラーです。 ・好きなもの→読書、アニメ、海沿い散歩、Aimer、女王蜂 ・嫌いなもの→爪の長い男の人、意図せずに人を苦しめる人
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 恋愛タビビトブログ , 2017 All Rights Reserved.