出会い・恋活の情報サイト

恋活アプリ攻略ガイド(無料プレゼント中)

【花束みたいな恋をした】なぜ麦と絹は結婚できなかったのか?感想と考察

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛カウンセラー/相席ラウンジ日本一周中/マッチングアプリから出会った人数123人 真剣な恋活/婚活をしている人たちのための恋愛カウンセラーです。 ・好きなもの→アニメ、海沿い散歩、Aimer
詳しいプロフィールはこちら

菅田将暉さんと有村架純さんW主演の映画【花束みたいな恋をした】で、なぜ結末として麦(菅田さん)と絹(有村さん)は別れることになってしまったのか?

 

どうすれば永遠のカップルや結婚に至ることができたのか?

 

【花束みたいな恋をした】を観て、リアルに自分の状況と似ていて憂鬱になった人

恋人との関係をどうすれば結婚に結びつけられるのか分からなくなってしまった人

のために、これから恋愛カウンセラーのズシが考察を交えながら解説していきます。

 

あらすじ(ネタバレ含む)

お笑い芸人”天竺鼠”さんの単独ライブに1人で行くはずだった麦と絹それぞれが、たまたま最終電車を乗り逃してしまったことで朝まで一緒に過ごすことに、、、。

 

居酒屋で始発を待ちながら話をしているうちに、お互い天竺鼠さんの単独ライブに行こうとしていたこと、お互いの好きな作家さんが被っていること、お互いの好きなアーティストが被っていること、などたくさんの共通点があることを知り、運命性を感じてどっぷりと情熱的な愛にハマっていくのですが、、、。

 

お互い大学4年生から始まった恋は、同棲、就活、転職、先輩の死、など様々な環境の変化によって、すれ違いが発生し、、、

 

 

別れます。

 

 

・なぜ恋(愛)は消えていってしまうのか?

 

・なぜお互いを大切に想い合っていても別れてしまうのか?

 

 

全ての人間に課された難題を、ありきたりなカップルの5年間にスポットを当てることで、

『この映画、、、自分の人生を見せられているみたいだ、、、』と感じ、考えさせてくれる。そんな作品です。

 

麦と絹が別れることになった5つの理由

【花束みたいな恋をした】で、麦と絹が最後に別れの道を選んでしまった最大の理由Top 5と、各理由でどうすれば別れを回避することができたのかを解説していきます。

 

 

《運命を感じる共通点が多すぎた》

 

麦と絹が初めて一夜を共にした居酒屋で、あまりにもお互いの好きなカルチャーが被りすぎていて、

好きな本の系統や音楽の系統が一緒、というだけではなく、ピンポイントに好きな作家さん、アーティストまで丸かぶりで、スニーカーも同じ。

しかもお互いに天竺鼠さんの単独ライブに行こうとした日に終電を逃す、、、

 

『これ運命以外に何があるん?』

 

と、きっと僕たちでもそう思いますよね(笑)

 

『これは間違いなく運命だ!』と感じる共通点が多すぎたせいで、”違い”に対して盲目的になって、逆に相手を受け入れられず、認められず、その溝がどんどん深まってしまったことが問題だったと思いました。

 

 

どこまで行っても相手は自分とは違う人間なんだ。ということを知って、その違いを理解しようとする姿勢が必要だったと思います。

 

 

《自分の価値観を押し付けすぎた》

 

麦が映画中盤で『仕事は責任だ』、『好きなことを活かせるとか、そういうのは人生舐めてるって考えちゃう』など、絹の人生に足を踏み入れて意見をし過ぎたことは大きな問題だったと思います。

 

さらに、ジョナサンで絹に別れを切り出されて、麦は関係をやり直すことを提案しましたが、その提案には麦がイメージする、麦が理想とする結婚像ばかりが盛り込まれていて、絹の視点に立った案を出すことができていませんでした。

 

イラつきゲージが溜まってきた時こそ、一回言葉を発するのを止めて、相手が何を大切にしているのか、2人の関係をよくしていくために自分は何をどうすれば良いのか、を”考える時間を作る”ことが必要だったと思います。

 

 

《相手の状況を考えられてなさすぎた》

 

絹が楽しい人生を、夢を追いかける人生を常に求めているのに対して、麦はまるでそれが異常なことであるかのように扱ってしまった。

 

麦が夢を全て諦めて、仕事で『死ね』と唾を吐かれて神経症を患うほどに追い詰められていた、ということをイメージできておらず、

それを聞いても『そんなひどいことするような人は絶対今村夏子さんの『ピクニック』を読んでも何も思わないんだよ』という救いのない言葉しか投げかけられなかった

ということが大きな問題だったと思います。

 

 

お互いに家庭環境やこれまで過ごしてきた背景、今過ごしている環境が異なっているので、その”違いの部分”を理解するためにも、まるで相手の身体になったかのように、相手の目と耳と鼻を通して物事を感じているかのように、イメージしてみる必要があったと思います。

 

 

と、これは誰もが思っていることだと思いますが、極めつけは『じゃあ結婚しよう』だなと思います。

もうこれについては解説するまでもないですが、どんな助詞を使うか、どんな接続詞を使うか、のちょっとしたことで伝えたいことのイメージはガラッと変わってしまいます。

ぜひ普段恋人や大切な人に送っているLINEを見直してみて、この文はぱっと見どんな印象を受ける可能性があるかな?

と何パターンか考えてみることが大切だと思います。(そうすることで、誤った意味で伝わることがないよう、違う言葉選びをできるようになるためです。)

 

 

《現状維持は存在しないことを理解していなかった》

 

麦は、”麦と絹の関係(ラブラブ)を現状維持していくこと”を求めていましたが、”現状維持させることの難しさ”を理解していなかったことが問題となりました。

 

基本的には、人は今ある現状を維持しようとする習性を持っています。なので努力などしなくても現状は維持されていくものだと考えてしまいがちです。が、強制的に環境が変わってしまった場合は例外です。

 

麦と絹が過ごした5年間の中で、同棲、就職、転職、思い出のお店が閉店、過労、先輩の死、友人の結婚、、、いろんな出来事が起きました。

こういった強制的なイベントの発生によって、自分の意思とは関係なく環境が変わり、新しい環境に適応せざる負えなくなってしまった。

そして新しい環境に適応した結果、麦と絹の間にあった関係性にも派生して影響が及んでしまいました。

 

 

こういった想定外のイベントによって関係に亀裂が生じてしまった場合、どうすれば持ち直す(現状を維持し続ける)ことができるのか?

 

 

1.環境が変わると相手との関係性にも変化が起きるということを”知っておく”

 

知っていれば、突如関係性に変化が訪れても『あ、そういえば環境が変わったら関係性にも変化が起きるって説あったな、、、』と考えられ、焦って変な行動をしにくくなりますし、↓2.の解決法が思いつきやすくなってくれます。

 

“環境が変わると相手との関係性にも変化が起きる”ということを、しっかり覚えていないと意味がないので、ぜひ5回くらいメモに書きながら復唱してみてください。(※ガチで言ってます。)

 

 

2.新しい環境の中でどうすれば、これまでのような関係を続けていけるのかを考えて形にする

 

環境が変わってしまった以上、もう現状維持は不可能です。

まずはその変わってしまった現状を受け入れて、その上でどうすれば環境が変わる以前のような二人で居られるのか、”新しい策として”思いつく限りメモに書き出してみてください。

 

その中でできそうにない案もたくさん出てくると思うので、できるものに絞り込んで、『これは効果がありそうだな』と感じるものを実行してみてください。

 

 

《情熱的な愛以外を育む努力をしなかった》

 

情熱的な愛(ラブスタイル類型論:エロスの愛)が続くのは一般的には3年までと言われています。

それ以降は性的な好意が減退していき、家族や親友と過ごしているかのような愛に変わっていくか、、、家族や親友にはなれない存在であると気付き冷めていくか、、、ということが起きます。

 

その描写が、絹のモノローグ『3ヶ月もSEXをしていないのに付き合っているといえるのだろうか。』に現れていましたね。

これは情熱的な愛(エロスの愛)が冷めたから、SEXしようとしなくなった自分自身に気づき始めたことを表しているのか、

それとも絹はまだ情熱的な愛を持っているけど麦だけ情熱的な愛が消えてしてくれなくなってしまったのか、、、

そこは定かではありませんが、情熱的な愛が消えかかっていることはここから感じ取れますよね。

 

 

情熱的な愛が消え去った後、それでも一緒に居たいと思ってもらえるようなコミュニケーションが少な過ぎた(一緒にゲームをする、ゴールデンカムイについての意見を話し合うなど)、

尊敬されるような自分で居られなかった(麦→イラストの仕事をもらえるような方法を考えようとしなかった)、

など、ここは麦の仕事が忙し過ぎた問題もあると思いますが、やや麦の努力不足だったのではないかと思いました。

 

 

※年齢的に、恋愛経験の少なさ的に、”情熱的な愛は消えていくものだ”という現実を絹が受け入れられなかった可能性もあります。

 

 

以上が、ズシの選んだ【麦と絹が別れることになった5つの理由】です。

 

細かい理由を挙げたらキリがなさすぎるんで、本当は15個くらいあるんですけどこの辺にしておきます(笑)

 

 

麦と絹の復縁はあり得るか?

 

菅田さんは【花束みたいな恋をした】のトークイベントで『復縁はないんじゃないですかねー。』と仰っていましたが、

 

僕はけっこう復縁の可能性はあるんじゃないかと思っています。

 

理由としては、

 

《1.関係が破綻するような喧嘩別れではない》

 

どちらかが極端に問題を起こして別れることになったわけではないので、麦も絹もお互いに悪い印象を抱いていないはず。というところがポイントです。

 

ジョナサンでの別れ話の際に、『(これまで)楽しかったね』とお互いに言い合っているように、楽しい思い出が残ったまま別れたということもあって、フラットな状態で、もしくは好印象の状態でまた再会しやすいので、復縁はあり得ると思いました。

 

 

《2.お互いに相手に対してネチネチ粘着していない》

 

お互いに『仕方なく』という形ではあったものの、納得する形で別れを受け入れていて、『別れるんだったら死んでやる』とか、友達に頼んで詮索してもらうということをしていないので、悪い印象を上書きせず楽しい状態のまま結滅を迎えられたというところが復縁に繋がりやすいと考えました。

 

 

《3.楽しかった思い出が5年分積み重ねられている》

 

日本人の平均寿命は84歳です。

限りある人生のうちの、しかも恋愛に最も力を入れられる20年(仮に18歳〜38歳としました。)のうちの5年間も一緒に過ごしてきた仲です。

 

お互いのことをよく知っているし、一緒に過ごす楽さというのも積み上げられているので、新しい恋人との恋愛生活が始まっても『また一からあの5年間をやり直すんか、、、』と感じて、元鞘(もとさや)に戻りたくなることが考えられます。

 

僕が心底嫌いなナンパ師どもの言葉で表すなら、”サンクコスト”です。

 

《4.お互いすでに新しい恋人がいる》

 

え?新しい恋人が居たらもう復縁無理じゃない?と思うかもしれませんが、先述した5年分もの楽しい思い出がある。というところから考えると、『あーこういう時麦だったらな、、、』、『この話は絹じゃないと分かってくれんやろうな、、、』と思うタイミングがきっと何回かやってくるはずです。

 

それに、麦と絹の間にも起きた現象、”情熱的な愛の消失”これはパートナーが変わったら起きないということではないので、新しい恋人ともまた”情熱的な愛の消失”が起きた時、今の恋人と麦(絹)を比べて、やっぱり一生一緒に過ごすのは麦(絹)が良い。と思ってもらえる可能性があるということです。

新しい恋人がモラハラだったり、DVだったり、とんでもない奴だったということもあり得ますからね。

 

 

この4つのポイントが揃っていることによって、復縁の可能性自体はそこそこあるんじゃないかというのが僕の考えです。

 

んー、、、というか色々考えた果てに復縁して欲しい(笑)

僕の希望も入ってます(笑)

 

 

”花束みたいな恋をした”タイトルの意味

映画の中で、麦が写真を見ながら絹に『この花なんて名前?』という質問をすると、絹は一瞬花の名前を言いかけて止め、

 

『男の子は女の子から花の名前を教わると、その花が咲くたびに、女の子のことを思い出しちゃうんだって』

 

と答えて、結局花の名前は教えずにそのシーンは終わりました。

 

僕はこの時、あんまりこのシーンに特別な意味があるとは考えなかったのですが、エンドロールの最後にモノクロの花束が一気に色付いていく様を見て、

 

『あ、絹から教わった花がありすぎて(一緒に作った思い出)、その花が束になっていることを表したタイトルなんだ。』

と直感的に思いました。

 

※絹が名前を明かしてくれなかった花の名前は”マーガレット”です。
花言葉『優しい思い出』

 

恋愛カウンセラー ズシの感想まとめ

男性は麦に、女性は絹に共感する意見が多いようですが、僕はどっちの気持ちにも共感するところがありました。

恋愛を長続きさせること、結婚にたどり着くことは本当に難しいことだなと改めて痛感させられる、そんな映画でした。

 

僕も今、麦に若干似た状況になっているということもあって、麦にはもう少しがんばって欲しかったなと、自分と重ね合わせてそう思います(笑)

 

 

麦と絹の5年間をたった2時間に凝縮させたのが映画なので、見えないところできっともっと色んなことがあったと思います。

絹がオダギリ・ジョーに対して本気になりかけていたとか、

麦は仕事で精神をやられて神経症になっていたとか、、、

見えない部分がたくさんあり過ぎるからこそ、はっきりとどっちの考えに賛成と言い辛い作品でした。

 

もっともっと恋愛について、結婚について深く考えたい。という人は、ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズ主演のブルーバレンタインという映画を観てみてください。

 

人によっては【花束みたいな恋をした】の倍くらいダメージを受ける、、、というか考えさせられる作品だと思います。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。

ぜひみなさんの感想やご意見もコメントで頂けると嬉しいです。

 

この記事を読んでズシに恋愛相談してみたいなと思ってくださった方はいつでもお待ちしています。

出会いのテクニック、恋人の作り方、長続きカップルになる方法などのもっと細かい話はLINEやメルマガでお話ししていますので、興味を持ってくださった方はぜひLINEとメルマガを読んでみてください。

 

それでは*

 

おまけ

 

【麦と絹はどうすれば別れを回避することができたのか】についてさらっと書いていますが、めっちゃくちゃ難しいことばかりを書いています。

恋人との関係を維持していくこと、結婚して夫婦関係を続けていくことは本当に、本当に、本当に難しいことだと思います。

そのことを肝に銘じて、”花束みたいな恋をした”からもらったこの感情を、思考を忘れてしまわないよう、恋人との関係にしっかり取り入れていきましょう。

 

そうすることが、この作品に携わった全ての人たちへの恩返しだと僕は思います。

 

麦と絹のような恋愛をしてみたいですか?

『そもそも、花束みたいな恋をまだしていない、、、』

『熱く情熱的な恋をしてみたい』

 

この章を読んで下さっているあなたは、きっと心のどこかでそう感じているのではないでしょうか?

 

運命的な出会いは今やマッチングアプリでも生まれていて、その結果お付き合いや結婚に発展する人が日々誕生していっています。

ズシの周りでもマッチングアプリで結婚に至った方が何人か居ます。

もしあなたが、『まずは出会いから花束みたいな恋にたどり着きたい、、、』

そう思っていましたら、ズシが作った無料本【恋活アプリ攻略ガイド2021】を手に取って欲しいです↓

マッチングアプリ

 

あなたが素敵な恋をして、明るく楽しい毎日を過ごせることを心より祈っています*

 

恋活アプリ攻略ガイド2021(無料)

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛カウンセラー/相席ラウンジ日本一周中/マッチングアプリから出会った人数123人 真剣な恋活/婚活をしている人たちのための恋愛カウンセラーです。 ・好きなもの→アニメ、海沿い散歩、Aimer
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LOVE SUPPORT【ラブサポ】 , 2021 All Rights Reserved.