大好きな人と幸せな日々を送るために

相席ラウンジで関係を深めたい人はこちら

【勉強法】大切なことは全て日常が教えてくれる

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛カウンセラー/恋愛戦略の宣教師/相席ラウンジ日本一周中/マッチングアプリから出会った人数123人 誰もが苦しまず、幸せで居られる世界を目指す恋愛カウンセラーです。 ・好きなもの→読書、アニメ、海沿い散歩、Aimer、女王蜂 ・嫌いなもの→爪の長い男の人、意図せずに人を苦しめる人
詳しいプロフィールはこちら

恋愛にせよビジネスにせよスポーツにせよ、思うような結果が出なくて、その状態を突き抜いていくために練習をしたり、勉強をしたりすることがあると思います。

練習はアウトプット、勉強はインプットのような役割になっているんですが、何も学ばず思考停止で練習をしても結果は変わらないし、逆に勉強をして知識は増えたけど実践してみなければ身にはつきませんよね。
この2つがセットになってないと基本的には現状を突き抜けた結果を出すことはできないです。

 

インプットマインドを身につけよう

スクリーンショット 2017-04-22 20.14.33

 

今回は勉強=インプットの方の話なんですが、いつもどれくらい”インプットマインド”で生活しているかっていうことがかなり重要になります。

正直インプットマインドさえ持っていればどこからでも勉強することができます。

 

では、インプットマインドとはなんぞやっていう話なんですけど、日常で遭遇するあらゆることから学んでやろうっていう姿勢を意味してます。

例えば、歩いていて男の人が日傘をさして自分の方に歩いてきていたとします。

『あ、男の人で日傘さしてるやん。ふ〜ん。』

ではだめで、

『あ、男の人で日傘さしてるやん。今は男の人も日傘さすんが当たり前になってるんやろか。

もしこれがトレンドなんやったら自分も取り入れて傘さしたらおれってモテるんじゃね?

日傘さすんて実際女の人からはどんな印象で見られてるんやろうか?』

と、ここで問いが生まれます。
そしてあとはその問いに合わせてグーグル先生に聞いてみてもいいし、女友達何人かに聞いてみてもいいし、いろんな形で情報を得ることが出来ます。

こんな風にインプットに繋がる情報が実は日常の至る所に落ちています。

それに気づいていないだけで。
日常で出会うどうでもいいような物事からどれだけ問いを生み出せるか、情報を抜き出すことが出来るかで、練習つまりアウトプットの質がかなり変わってきます。
これはある程度インプットマインドを意識した心構えみたいなものがないとどんどん情報を取りこぼして行ってしまいます。

今までやっていなかったことをやろうとするわけですから、どうしても忘れがちになってしまうし嫌になって脳も抵抗してきます。

 

だから、意識してインプットマインドを育てて行くためにスマートフォンのカレンダーに書いてアラートが鳴るようにしておき、1日にせめて一個だけでも問いを生み出したり、情報を得たりすることが出来るように環境を整えておくことをおすすめします。

インプットマインドで生活していくのが当たり前になるまでは、意識して行動に移していきましょう。
だいたい1、2ヶ月もアラート生活をしてたらもうインプットマインド生活が無意識にできるようになっているはずです。

 

インプットが多すぎてゲロを吐かないために

スクリーンショット 2017-04-22 20.22.20

 

インプットマインド生活に慣れてくると、歩く道、出会う人、人との会話や表情、芸術などあらゆるところから情報が入ってくるようになります。

 

それはとてもいいことなのですが、注意点があります。

インプットが多すぎると情報過多になってせっかく得た情報をゲロしてしまうことになります。

つまり脳の処理が追いつかなくなってしまいます。

本当の意味のゲロはしないんで安心してください。(笑)

 

こういう時にせっかく得た情報、思いついたことを忘れて行ってしまわないために、思い立ったらすぐにメモをするということが一つ、そしてもう一つは”切り取り方を決めておく”という方法があります。

例えば映画を観に行って、『あーおもしろかった。そういえばあのパッとせん終わり方はなんやったんやろう。

なんか意味あるんかな。

監督はそういう感じで作るんが好きなんかな〜。』ってだけでは、なんの役にも立ってくれません。
映画から何かを考えるきっかけにはなっても、その問いや情報の行き場がなくなって空中で気化してしまいます。

だから切り取り方を決めておく。つまり、”その答えを生かす場をあらかじめ決めておく”ってことがとても重要になってきます。

 

例えば恋愛で切り取るつもりで映画を観る場合は、

『最後はパッとせん終わり方やったな〜。これってデートに観るんにふさわしい映画なんかな。

これ系統なんやっけ、、、。あ、SFか。

SFって女性人気はあるんやろうか。

帰って調べてみよう。』

とかも問いの一つとして考えられます。

こんな風に”どの場に生かすためにインプットマインドを使うのか”っていうのを決めて臨んで頂ければ、重要度の低い情報を切り捨てて、ゲロを最小限に抑えて、得た問いを自分が学びに使いたいところに使えるようになります。

ビジネスの方面に役立てたいのならばビジネス的な切り取り、スポーツに役立てたいならスポーツ的な切り取りなど、いろんなパターンに応用できます。

インプットマインドはあらゆることで結果を出すために役に立ってくれる超基礎的な姿勢なので、ぜひ今日この瞬間からやってみてください。

 

例えば僕のこの記事からも。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛カウンセラー/恋愛戦略の宣教師/相席ラウンジ日本一周中/マッチングアプリから出会った人数123人 誰もが苦しまず、幸せで居られる世界を目指す恋愛カウンセラーです。 ・好きなもの→読書、アニメ、海沿い散歩、Aimer、女王蜂 ・嫌いなもの→爪の長い男の人、意図せずに人を苦しめる人
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 恋愛タビビトブログ , 2017 All Rights Reserved.